数字でわかる車両管理サービス導入のメリット

車両管理システムを導入することで、「車両管理業務が楽になる」 「車両コスト削減や稼働率アップができる」 「生産性が向上する」というのはよく聞かれるかと思います。 それぞれ具体的にどんなコスト効果があるのかの試算や、 車両管理システムを導入することで昨対で売上10%アップした事例なども交え、 4のつメリットを具体的にご紹介致します。

目次

  • 1. テレマティクスサービスがもたらす4つのメリット
  • 2. 工事不要、3秒でスタート『SmartDriveフリート』とは
  • 3. 弊社のご紹介
資料

  • サンプル資料
  • サンプル資料
  • サンプル資料




テレマティクスと活用のメリット

車両管理を実現するテレマティクスサービスでは、インターネットに接続できる機器を車内に搭載し、GPS等と連動しながら走行データをクラウドサーバーにアップロードします。アップロードされたデータはブラウザから確認できます。車両の見える化を実現できるテレマティクスサービスは法人向け車両における車両管理業務での活用が進んでいます。車両の走行にまつわる様々なデータを自動で収集・可視化できるため、このデータを活用することで業務改革や財務改善につなげられるなど様々なメリットをもたらします。以下4点において、テレマティクスサービスを活用することでどんなメリットがもたらされるかをご紹介していきます。

1)車両管理業務  日報自動化による人件費削減効果とは?
2 )車両コスト・稼働率  車両1台削減によるコスト削減効果とは?
3 )営業生産性  配車効率アップによる売上10%アップ事例
4 )安全運転教育  事故率低減によるコスト削減効果とは?