車両台数削減によるコスト適正化の方法~都心部と地方部の特徴別に解説~

リース料、保険料、駐車場代、車検費用、メンテナンス費用・・・従業員が増える度に増設した車両と共に、車両コストも膨らんでいませんか? 車両コストを抑えるためには、車両の稼働率を上げて適正な台数に減らすことがポイントです。 しかし、都心部と地方部では考慮すべき点が異なります。この資料ではそれぞれ3ステップでの車両削減方法をご紹介いたします。

目次

  • 1.コストカットの特効薬、「車両削減」
  • 2.車両削減の方法 ~都心部の場合~
  • 3.車両削減の方法 ~地方部の場合~
資料

  • サンプル資料
  • サンプル資料
  • サンプル資料



車両削減効果の目安と懸念点

例えばリース車両の場合は1台リース38.5万円/年のリース料と駐車場賃料、その他多くのコストが発生しており、車両の削減は手っ取り早いコストカットが可能。

しかし業務スピード鈍化、サービスやフォローの質低下につながる場合も懸念されるため、適切な実施が必要。

車両削減に向けての3つのステップ

『都市部』
  • 1. 走行データの収集
  • 2. 稼働台数の可視化と減車
  • 3. 車両予約機能を活用した車両の共有化
 
『地方部』
  • 1. 走行データの収集
  • 2. 訪問頻度の高い地点の可視化
  • 3. 車両予約機能を活用した共有化

さらに具体的な方法は、資料をダウンロードしてご覧ください。