SmartDriveFleetを活用した
車両削減のための5つのステップ


リース料、保険料、駐車場代、車検費用、メンテナンス費用・・・
従業員が増える度に増設した車両と共に、車両コストも膨らんでいませんか?
車両コストを抑えるためには、車両の稼働率を上げて適正な台数に減らすことがポイントとなります。
  
しかし、車両の利用状況など、車両を削減をするための指標となる
客観的なデータが無く適正な台数が算出できないのではないでしょうか?
 
本資料では5つのステップで車両を削減する方法を具体的にご紹介いたします。 

現状把握をしようと思ってもぶつかる壁
 
車両の利用状況について個別に営業へヒヤリング
現場をまわる中で、車両の利用状況や複数人での共有可能性について営業にヒアリングするも、「基本的には1日中利用するので1人1台はどうしても必要」の一点張り
 
車両利用日報を用意し営業に記入を依頼
日々の利用時間を把握できるよう専用フォーマットを用意し記入を依頼するが毎日「9時~17時」という記入が目立ち正確な時間を記入しないケースが多発。
 
➡︎現状把握のために色々と試すものの
 うまくいかないケースが多い
 
 
 

車両削減に向けての5つのステップ
  1. 対象拠点の選定
  2. 走行データの収集・可視化
  3. データをもとに、削減可能な車両台数を算出
  4. 車両の共有化と段階的な減車
  5. 他拠点展開と活用の促進

さらに具体的な方法は、資料をダウンロードしてご覧ください。
(資料は全部で30ページ!)