テレマティクスサービスを活用した
事故削減への取り組み

テレマティクスとは・・・
テレコミュニケーション(通信)+インフォマティクス(情報工学)
からきた言葉で自動車向けの次世代情報提供サービスです。
最近では車両管理ツールにも活用されており、企業における事故削減・
安全運転推進の取り組みのためにも広く活用されるようになってきました。
 
テレマティクスを活用して事故削減の取り組みをはじめませんか?

事故削減の事例を交え
テレマティクス活用方法をご紹介

 
 今回ご紹介する企業様
  • 保険会社には「これ以上新規の受付ができない」と言われる程の事故件数
    (事故内容:高速運転時の横転、路面・縁石こすり、ドア破損等)
  
テレマティクス活用による効果
  • 運用開始後約2か月で危険運転数が半減
  • 副次的な効果として燃費20%削減も
 

事故削減までのロードマップ
 
1,テレマティクスサービス活用 の定着
 管理者への操作説明と活用方法支援
 ・全台稼働までモニタリングを実施
 ・管理者向け機能説明・運用設計 
 
2,走行データの可視化・活用
 危険運転の見える化とフィードバック
 ・危険運転アラート活用した上長による指導
 ・運転レポートによる個人・組織の振り返り
 
3,個別指導による運転改善
 要注意者を個別指導により改善
 ・外部運転指導事業者の活用
 
  
資料内容
事例をベースに具体的な方法を紹介します。
資料は全部で39ページ!