まるわかり!車両管理の始め方編
〜車両管理規定作成のポイントとは〜

「車両管理規定とは?」
 
車両管理規定とは、従業員が業務中に使う車に関して企業が定めるルールのことです。民法第715条では損害に対する直接的な加害者でない雇用主がその損害賠償責任を負うことを規定しており、このことよりドライバーが業務遂行中に交通事故を起こしてしまった場合、企業は損害賠償責任を負う可能性が高くなります。そのようなリスクを防ぐためにも、車両管理規定を作成して社用車の運用ルールを厳格化することが必要不可欠です。
 
【資料の中に見本がダウンロードできるURL付き】

車両管理の必要性


  • 従業員の安全確保
    会社は従業員が社用車を使用するにあたってその安全を確保する責務があります。管理を徹底し車両点検や整備の漏れを防ぐことで車両トラブルによる事故を防ぎます。

  • リスクの回避
    従業員が車両事故を起こせば会社の責任にもなり、会社の社会的な信用・イメージの失墜や経済的損失に もつながります。このようなリスクを回避するために、車両管理を行い従業員に安全運転を徹底させることで事故の未然防止につながります。

  • 管理体制の構築
    車両は1台増える毎に車検費用・車両点検費用・ガソリン代・保険料等といった多岐に渡る費用が積み重なり企業の収益を圧迫します。実際どれだけ保有し利用されているかを把握することで無駄の洗い出しや削減につながります。

車両管理で重要なポイント


  • 安全運転管理者の選任
    事業所における安全運転管理の徹底

  • 車両管理規定の作成
    一定のルールと運用を厳格化

  • コスト管理
    業務の効率化と役割の明確化

資料の中に見本のダウンロードリンクもあります。
さらに詳しく知りたい方は今すぐダウンロード!